プレミアムでゴージャス

とりあえず、将来の夢的なものも人並みにあって、それはもう大げさでもなんでもなく、つつましやかなものなんです。

ただ、そうは言いつつも人間としての底のない欲求も持ち合わせているのも事実。

なので、等身大の生活をしながらも、ちょっと背伸びしてみることで次のランクへと進みたい気持ちももっているのです。

たとえば、135円の5枚きり食パンを買おうと思ってスーパーに行ったけど、ちょっと奮発して168円のにしてみるとか。

そして、168円の食パンが当たり前に毎日買えるだけの生活レベルになったら、さらに200円のを買ってみるとかですね。

最終的に一斤1500円くらいの高級ホテル食パンも、毎週末に食べれるようになりたいです。

こういうのをプレミアムな生活と言うんでしょうね。

プチプラになれているデフレ社会から抜け出して、もっと良いもので自分の周りを固めたい気持ちも強いのです。

ビールも発泡酒じゃなくてプレモルを飲むとか、サプリもDHCじゃなくてドクターズサプリを買うとか、そういう感じですね。

プレミアムなものが身近にあふれてくると、心の中もプレミアムになると思うんですよ。

100均アイテムも家計には助かりますが、「やっぱり100均だな」とわかってしまう粗さがあるものは、ときめかないですからね。

多くの時間を過ごす家の中で、たとえばソファが座りやすく高級感のあるものというだけで、心が満たされる感覚って、きっと誰もがわかることだと思うです。

1万円のすぐけばだつソファに心ときめく人なんていないでしょうし。

最終的に心の充足度をあげることがプレミアムな暮らしだとするならば、プチプラにばかり囲まれる生活から離れたいですね。

もちろん、いかに安いものを買うか?ということに命をかけている人は別ですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする